メニューへジャンプ 本文へジャンプ

名古屋の質屋・買取 仲屋

宝石・貴金属のことなら、仲屋質店へ!

深川製磁 花瓶 買取しました! | 名古屋の質屋|仲屋質店

お問い合せはこちらより
0120-400-035

052-751-0455

FAX

本文の開始

買取実績

買取実績

深川製磁 花瓶 買取しました!

2017.06.14 / category:美術品・絵画買い取り実績

写真:深川製磁 花瓶 買取しました!

深川製磁の牡丹柄・花瓶をお買取させていただきました。

正面に大輪の花を咲かせる、とても存在感のあるお品です。

側面と裏側にもオレンジ色や白色の花が描かれており、華やかな中にも上品さを感じさせる深川製磁ならではの花器です。

全面に描かれた豪華な絵柄のおかげで、花を生けずに置いておくだけでも、インテリアとして充分映えますね。

こんな素敵な花器を飾れるお家に住んでみたいです♡

大胆な構図の様ですが、よく見ると実に繊細に描かれています。

牡丹の花びら一枚一枚も微妙に形が違っていて、開き具合もそれぞれ。

それでも全体で見ると均整のとれた美しい花になっています。実物を見ると、しばらくボ~っと眺めてしまうくらい。

何となく幻想的でもあり、思わず目を奪われます。

背景に描かれた葉の濃紺とのコントラストも見事。大きな花がより引き立っています。

挿し口が金で縁取りされているところもまた秀逸。作品を引き締め、一層素晴らしいものにしています。

職人技が光る逸品、当店にてお売りいただき誠にありがとうございました。

 

ところで皆さんは、牡丹と芍薬の違い、分かりますか?

大きな違いは葉っぱの形。

牡丹の葉は、先端が三つに分かれていて少しギザギザしていてツヤがありません。

一方芍薬はギザギザはなく、少し丸みのあるすっと伸びた葉っぱでつやつやしています。

「花はそっくりだけど、どちらかな?」と迷っても、葉っぱを見れば一目瞭然ですね。

ちなみに根本的な違いは、牡丹は「樹木」で芍薬は「草」だという点だそうです。

草…と言われると何だか…(笑)

ふたつの美しいお花の豆知識でした!

 

仲屋では、深川製磁はもちろんのこと、たち吉、大倉陶園、ノリタケ(noritake)、ナルミ(NARUMI)、ウェッジウッド、ミントン、ヘレンド、クリストフル、ロイヤルコペンハーゲン、マイセンなどのテーブルウェア・食器・カトラリーの買取に力を入れています。

箱に入った状態で未使用というのが一番いいのですが、箱がないものでも未使用品であれば大丈夫です!

商品の特性上、ご使用になられたものですと、やはりどこかに欠けや亀裂などが生じてしまうため、お取り扱いが難しくなってしまいます。

また、「手放したくはないけどちょっとお金が必要だわ」という方には、質預かりが便利ですよ。

食器類などは特に、保管している間に破損しないだろうかと心配されるかもしれませんが、仲屋では商品に合わせた最適な保管方法で、お客様の大切なお品物をお預かりしています。どうぞご安心くださいませ。

他にも疑問に思われることがありましたら、お電話・メール・LINE@などでお気軽にお問い合わせくださいませ。

また「こんなのがあるけど大体いくらくらいになるのかしら」といったことも、わかる範囲でお応えします。

知識と経験豊富なスタッフが丁寧に応対致します。

皆様どうぞお気軽に仲屋をご利用下さいませ♪

 

☆名古屋の質屋 仲屋です☆

〒464-0833 

名古屋市千種区大島町1-23-1

TEL:0120-4000-35/052-751-0455

MAIL:info@nakaya78.com

定休日:毎月7日、17日、27日

 

♪質預かりについて分からないことなど、何でも聞いて下さいね♪

 

 

 

戻る

【営業日のご案内】

営業時間:9:00~19:00
定休日:毎月7日.17日.27日

ページの終了